福島市・二本松市・伊達市のタウン情報・オススメのお店・クチコミ・求人・ランチ・ディナー・ラーメン・居酒屋・幼稚園・美容室・エステ・観光・イベント情報が満載。

 
福島市周辺の初詣特集です。
福島市周辺のおすすめ初詣観光スポットです。今年も残すところあとわずかになりました。新年を新たな気持ちで迎えるために、福島市周辺のお寺や神社を取材してきました。お正月には是非、ご家族で…カップルで…地域の名所を観光してみてはいかがですか。
 
 


 福島市

 
<中野不動尊の詳しい紹介は画像クリック>
【中野不動尊】
約830年前に恵明道人が一匹のカモシカに導かれてお不動様をお祀りしたことが始まり。 眼守・三ヶ月・厄除の三不動が祀られています。
【行事予定】
福を招く餅(寿餅)を参拝の方に差し上げております。(2万個)
茶屋「かもしか庵」では、1,000円以上お買い上げの方に干支タオルをプレゼント。福引や大当たり福袋もあります。
◎年頭御護摩祈祷(随時受付)
2018年1月1日(月)0:00~18:00
2018年1月2日(火)以降 8:30~17:00
【アクセス】
東北自動車道飯坂ICより車で10分
【駐車場】
・200台
・正月三が日は臨時駐車場より無料シャトルバスが運行(十六沼公園より)
 
【福島稲荷神社】
第66代一条天皇の永延元年(987年)に陰陽師安倍晴明により創建されました。「おいなりさん」の愛称で、広く福島市民に親しまれ、平成29年で御鎮座より1030年目を迎えます。
【行事内容】
◎古いおふだ納め
2017年12月25日(月)~12月31日(日)
(納められないもの:人形、ぬいぐるみ
2017年12月25日(月)~2018年1月3日(水)
◎初詣
1月1日  一番祈祷祭
      歳旦祭
1月3日  元始祭
1月10日  十日祭
1月14日  末収め、小正月厄除け祈祷
1月15日  日供祭
供祭
 
【アクセス】
JR東北新幹線福島駅東口より徒歩15分
東北自動車道福島飯坂ICより 車で約15分
【駐車場】
民間の有料駐車場をご利用ください。
<福島稲荷神社の詳しい紹介は画像クリック>
 
<西根神社の詳しい紹介は画像クリック>
【西根神社】
西根神社は、伊達・信夫地方開拓に貢献した実在の人物を祀る神社です。
・どんと祭は小正月に古札、年神をお焚き上げし神様を送る行事です。
・うそかえ祭りは東北・北海道地方唯一の行事です。
【行事予定】
◎歳の市
2017年12月23日(土・祝)
注連縄やその他正月用品を販売する市が立ちます。
◎大晦日
2017年12月31日(土)
甘酒のふるまい、景品付き福餅まき
◎初詣
2018年1月1日(月・祝)~3日(火)
景品付き福引き
◎どんと祭・うそかえ祭
2018年1月11日(木)~14日(日)
景品付き福引き
【アクセス】
福島交通飯坂線 飯坂温泉駅下車 徒歩 約10分
東北自動車道福島飯坂ICより 車で約10分
※ただし、どんと祭・うそかえ祭の開催期間中は大変混み合い、飯坂温泉の周辺は渋滞いたします。福島交通飯坂線などの公共交通機関のご利用を強くお勧めいたします。
【駐車場】
250台
 
【福島成田不動院】
当寺院の本山は「不動明王信仰の総府」として全国的に有名な千葉県成田市にある「大本山成田山新勝寺」です。
御本尊は大本山より御分霊された不動明王で明治35年に開山され「成田山不動明王信仰」として親しまれております。

【行事予定】

【アクセス】
JR福島駅より車で5分
飯坂線美術館・図書館前駅より徒歩5分

【駐 車 場 】
20台

 
<福島成田山不動院の詳しい紹介は画像クリック>
 
<福島県護國神社の詳しい紹介は画像クリック>
【福島県護國神社】
シンボル 当社の御祭神は福島県ゆかりの御英霊と天照皇大御神です。
当社は創建当時から、明治初期の戊辰の役以来、平和を希求し国難に殉じた68500余柱の御英霊と伊勢の神宮の天照皇大御神をお祀りしています。

【初詣】
1月1日 深夜0時~深夜2時30分まで受付
1月2日~15日 朝9時~夕方5時まで受付

【どんと焼き】
1月6日(土)・7日(日)・8日(月・祝)・13日(土)・14日(日)・15日(月)
(土・日・祝は露天出店あり)

【アクセス】
・車、タクシー:JR福島駅から10分
・バス:市内循環バス「ももりん」市内1,2コース乗車、
「福島テレビ」あるいは「体育館前」下車、徒歩5分

【駐車場】あり
 

 伊達市・伊達郡

 
<霊山神社の詳しい紹介は画像クリック>
【霊山神社】
霊山神社(りょうぜんじんじゃ)は、福島県伊達市霊山町大石にある神社である。旧社格は別格官幣社で、現在は神社本庁の別表神社。建武中興十五社の一社。
元の別格官弊社として、今なお皇室の御崇敬は厚く、式年祭には幣帛科を賜り、多くの皇族方にもご参拝の上、御手植を残されている。また、農水産農穣安全・ 家内安全・交通安全・商売繁盛・厄難消除等心願成就の参拝祈祷初め、御祭信神が文武両道で大功を樹てられたことから入試合格・武道向上を祈願する人はあと を絶たない。更に我国政道を正された御神徳を仰いで、政治にたずさわる人は特に強く信仰されて全国各地より当選祈願の参拝が多い。

【アクセス】
JR東北本線・新幹線福島駅から車35分
阿武隈急行線梁川駅から車で15分
東北自動車道福島飯坂ICまたは福島西ICから40分
【駐車場】
あり(凍結の恐れあり)
 
 
 

 二本松市

 
<二本松神社の詳しい紹介は画像クリック>
【二本松神社】
二本松神社は近衛天皇の御代、久安年間(1145年頃)地頭安達藤久郎盛長が田地ヶ岡に城を築き、守護神として熊野大神を祭ったことを創始とします。その 後歴代城主の崇敬篤く、奥州探題畠山満奉公は、城郭を白旗ヶ峯に築き、守護神を本丸に遷座し奉り、八幡大神を勧請(かんじょう)併せ祭り領内の総鎮守とし て篤く敬いました。
現在の御社殿は、文化二年(1805年)丹波長祥公の御造営によるものです。明治五年御両社は二本松神社と改称し、大正三年には県社に列せられました。二 本松市民の氏神様として又遠方の方々の参詣も多く、御神威いよいよ高く仰ぎ奉ると共に、長い歴史を秘めた優れた文化財として二本松市民の誇りであり、魂の よりどころでもあります。
例大祭(提灯祭り)は十月四・五・六日に斎行され、七字の太鼓台が昼は神輿の供奉を申し上げ、夜は紅の灯をともし優雅な、はやしも賑々しく華やかな日本三大提灯祭り一つとしても有名です。
【アクセス】
JR東北本線二本松駅から徒歩2分